ぱらりーそーしー日記

タイトルに特に意味はありません。子どもの造語がかわいかったので、タイトルに使いました。本、子育て、映画、旅行等。たまにしか投稿しませんが…

デリゾールからアレッポへ

ビザの期限がやってきた。

朝早く起き、ホテルに荷物を預けて、イミグレーションに向かう。地図を見ながら20分ほど歩いたが、それらしい建物は見当たらない。またしても「歩き方」に騙されたのか、私が地図を読めていないのか…
しょうがないので交差点にいた警察官とタクシーの運転手に道を聞く。どうやら地図よりも一筋南の通りを行かないといけなかったようだ。

タクシーに乗ってイミグレーションに向かう。地方だけあってメーターなしタクシーだが、案の定、不当に高い金額を要求された。「高いぞ」と抗議してまけさせたが、おそらく、いや確実にもっと安かったはずだ。

08:00に開くと思っていたイミグレーションは、09:00になってようやく開いた。
中に通されたはいいが、担当者がなかなか来ず、さらに30分弱は待たされた。
やっと担当者が現れ、写真2枚、25シリアポンド、用紙2枚(フランス語…)を提出して少し待つと、別室に担当者とともに呼ばれ、若く偉そうな役人に偉そうに質問された後、もとの部屋に戻って、新たに印を押されたパスポートを返してもらった。

宿で荷物を受け取り、バス・ターミナルへ重い荷物を背負って向かった。
一通りバス会社のオフィスをあたってみるが、どの会社も14:00台だ。3時間は待たねばならない。待つのもイヤだし、おまけにこの調子ではアレッポに着いたらもう夜だ。バスがどこに着くかわからないし、宿(ザヘル・アル・ラビ)がもう埋まってる可能性もある。
予定が狂ってしまった。大した予定もなく、予定が狂うのも楽しむのがバックパッカーってもんだろうが、快適なイスタンブルを目の前にしての些細なつまずきに、少しイラついてしまった。

時間つぶしに、スークでパンでも買ってユーフラテス川岸でこっそり食べようかなどと考え(ラマダン中なのでマクハで暇つぶしできない)、街の中心に向かったが、途中で歩き疲れ、パンは買ったがそこで引き返し、バス・ターミナルの裏手の丘でこっそり食べた。

やっと14:30が来て、バスが出発。今回も砂漠を突っ走る。茶色い大地、土で作られた家、美しい夕日、今日も最高の景観を見せてくれて、シリアを去り難くなる。

デリゾールからアレッポまで、バスで4時間30分くらいだっただろうか。途中、16:30(食事解禁)を迎えると、バスの中は急に動き出す。
タバコを吸い出したり、ナツメヤシを取り出して食べ、それをみんなに回したり、うれしそうに大騒ぎだ。知らない人にもどんどん勧めるのがいい。

ほどなくバスが止まって、本格的なお食事タイム。
バスの中に残っていると、シリア人の兄ちゃんが手招きして「食わないのか」と聞いて来る。「シャイでも飲もう」と誘われて一緒にレストランに入り、そのままご馳走になってしまった。

さてさて、バスは期待に反して、最初にアレッポに来たときのターミナルとは違うとこに着き、暗い中、同じバスに乗っていたヨーロッパ人のカップルと宿探しをした。
バス・ターミナルにいたおじさんにジェスチャーで時計塔の場所を聞き歩くと、途中で見覚えある風景に出くわし、彼らをホテルまで案内した。
彼らはツーリスト・ホテルに行ったが、こちらは少し安いザヘル・アル・ラビにした。ベッドがあるかすごく不安だったが、幸いにしてベッドにありつくことができた。この前も泊まって顔を覚えられてたってのもよかったのか、125シリアポンドで泊まれた。やれやれホッとした。でも今日はシャリフの姿は見えない。

いよいよイスタンブルが近づく。でも帰りたくないなぁ。

 

1999年1月のある日

デリゾールでユーフラテス川を見る

デリゾールに向かうべく、カルナック(国営バス)のオフィスへ向かった。

カルナックのオフィスに着くと、そこでは50歳前後に見える人が、前夜のレストランにいたタクシーの運転手と値段の交渉をしていた。この運転手、結構な額を要求しているので、少し不安になる。そこでとりあえず声をかけて話をした。途中で「うるさいから出て行け」とオフィスのお姉さんに言われながら。

そのおじさんはエジプトでガイドをしていたそうで、こっちは初めてだそうだ。
パルミラについて知っていることを教えたりしつつ、カルナックのバスを待った。やっとバスが来て、(理由はわからないけど)なかなかチケット売ってくれなかったお姉さんもチケットをやっと売ってくれ、バスに乗り込み際におじさんとアドレスを交換して別れた。

バスはまたもや砂漠の中をひた走る。今回の砂漠は山が少なく、まったくの平原だ(起きてて見た範囲では)。そういえばイラクとの国境に近いとこに向かってんだもんな、などと思う。
そして、どうでもいいことだけど、今回のバスは車内にハエが多過ぎるよ、まったく!

予想より早くデリゾールに着いたのはいいんだけど、着いた場所がどうも予想と違うようだ。勝手にバッグを運んでバクシーシを取ろうとする子どもから荷物を取り返し、同じバスに乗ってた日本人とともにホテルを探しつつ歩き始めたが、街の中心まで結構遠かった…
途中で大学生らしき人たちに道を聞いたり、その辺の店の兄ちゃんに案内してもらったりした挙句、やっと目的のダマス・ホテルにたどり着いた。

宿で一休みした後、この日本人のお兄さんとは別れて少しスークで買い物をし、それから目的のユーフラテス川に向かった。

f:id:doromechan:20210721232644j:plain

ユーフラテス川の夕日

世界史の最初の方に出て来て、誰でも知っているユーフラテス川。この川を見るのが、この街に来た目的だ。
鉄橋を渡って行く。イメージでは砂漠というか荒野の真ん中を流れる茶色い河だったが、実際には思ってたよりかなりきれいな緑色の河だった。

f:id:doromechan:20210721233025j:plain

ユーフラテス川

川幅は(関西の)淀川くらいだろうか。川岸には、また中洲にはたくさんのヤナギ類やアシのような植物が生えていた。水も滔々と流れている。

f:id:doromechan:20210721233630j:plain

f:id:doromechan:20210721233339j:plain

ユーフラテス川

川岸のベンチで日の入りを待つ。
夕日が川面に照り、とても美しい。何枚か写真を撮ってから、橋の上からまさに太陽が沈んでいかんとするところを眺めた。

f:id:doromechan:20210721233434j:plain

ユーフラテス川

太陽は赤く輝きながら対岸の木々の間に沈んでいく。その上にたなびく薄雲の上端は金色に輝き、また太陽の光が放射状に筋を作って伸びている。そして多くの鳥が群れを作って飛んでいく。

f:id:doromechan:20210721233548j:plain

ユーフラテス川

この旅もあと10日弱となった。もう1週間と少しもすれば、私も機上の人となって、あの雲の上を日本へ向かって飛んで帰らなければならない。

 

1999年1月のある日

パルミラの写真

というわけで、パルミラを離れることになるのですが、ここまでの記事で載せなかった写真(重複はあるかも)を載せます。

f:id:doromechan:20210710231048j:plain

列柱道路と記念門

f:id:doromechan:20210710231128j:plain

パルミラ遺跡の夕日

f:id:doromechan:20210710231157j:plain

四面門

f:id:doromechan:20210710231223j:plain

パルミラ遺跡の全景

f:id:doromechan:20210710231303j:plain

アラブ城(ファフルッディーン城)

f:id:doromechan:20210710231353j:plain

アラブ城

パルミラの写真はInstagramにも載せていますので、よろしければご覧ください。

世界で最も美しい遺跡とも言われたパルミラの遺跡ですが、その多くは破壊されました。

今は亡きパルミラ遺跡に。

明日はパルミラを出る

ナボ神殿ではMITSUBISHIで働いているという、妙にはしゃいだシリア人5人組の写真を撮ってあげた。

f:id:doromechan:20210710230341j:plain

遺跡を見渡す丘から帰る途中

そして夕日は山際にかかり、赤く染まる記念門や四面門を目に焼きつけ、写真を撮り、宿に帰った。フィルムがいつ手に入るかわからないから、基本的には節約して使っているんだけど、ここパルミラだけで40枚ほども撮ってしまった。

f:id:doromechan:20210710230459j:plain

四面門

宿に帰ると息子が「朝食」(ラマダン中のその日最初の食事)をまさに食べんとしているところで、ここでも誘われてしまった。誘うのがあたりまえみたい。しかし、どれくらい食べるかが難しいところだ。日本人の感覚は「遠慮せよ」と言うが、彼らの感覚からすると、少ししか食べずにいると「まずいと思っている」と思われかねない。

f:id:doromechan:20210710230544j:plain

アラブ城

今日も夜はあのレストランへ行く。鶏の丸焼き以外が食べられて、ピラフもおいしいしね。客もよく入ってる。食べていると、昨日1人で食べてたオーストラリア人が声をかけて来て、途中からはフランス人のおばさんも加わって、テーブルは別だが、話をしながらの夕食となった。オーストラリア人は日本へ行くつもりと言っていたので、アドレスを交換して別れた。

f:id:doromechan:20210710230719j:plain

四面門 アラブ城

さて、明日はデリゾールへ行くわけだが、心配なのは、ビザの延長だ。明日、デリゾールに行くとシリア入国から13日目。でも明日は着いたらイミグレーションは閉まってるだろう。というわけで、イミグレでビザを延長するのは14日目となるわけだ。もし14日目なのでダメなんて言われたら、ダマスカスに戻らないといけない。たぶん大丈夫なんだろうけど、不安だ。

f:id:doromechan:20210710230754j:plain

円形劇場

1999年1月のある日

引き続き、パルミラ遺跡

14:00頃、再びホテルを出て、遺跡へ行く。今度はカメラのみ持って出る。

ホテルの裏手のナツメヤシとオリーブの林を抜けて行く。向こうからいたいけな表情をした少年がやって来て、「カメラ、カメラ」と言う。撮ってあげたくなるが、こういうのは写真を撮って欲しいのではなく、お金が欲しいということが多い。今回も、適当に少年の相手をしつつ別の写真を撮っていると、やはり「バクシーシ」と言い出した。

f:id:doromechan:20210707215230j:plain

バクシーシをあげるのか、あげるべきでないのか、悩ましい。「喜捨なんだから、あげてもいいんじゃない」と言う人もいれば、「働かなくなるから、あげない方がいい」と言う人もいる。

f:id:doromechan:20210707215303j:plain

パルミラ(タドルム?)の街並み

バールシャミン神殿から住宅地跡に入る。広い土地に月面のように岩が散らばり、所々まだ柱が立っている。地面を見て歩くと、まだ半分地中に埋もれた倒れた円柱があったり、風化しつつある装飾を施された破片、土器のかけらなんかが落ちている。
バールシャミンは豊穣をもたらす雨の神だったと思う。

f:id:doromechan:20210707215616j:plain

バールシャミン神殿

それから葬祭殿、ディオクレティアン(ディオクレティアヌス)の城砦へ。

f:id:doromechan:20210707220112j:plain

ディオクレティアヌスの城砦

そして昨日と同じように丘を登り、城壁に座って昔に思いを馳せる。日の入りを待ちながら、ゆっくりと四面門、アゴラ、元老院、円形劇場と歩く。

f:id:doromechan:20210707220257j:plain

パルミラ遺跡 全景

また、墓の谷も見渡す。墓の谷には塔がたくさん建っている。それぞれの塔は「お墓のマンション」になっているそうだ。

f:id:doromechan:20210707220429j:plain

墓の谷

f:id:doromechan:20210707220627j:plain

墓の谷

1999年1月のある日