ぱらりーそーしー日記

タイトルに特に意味はありません。子どもの造語がかわいかったので、タイトルに使いました。本、子育て、映画、旅行等。たまにしか投稿しませんが…

ビザ待ちの一日 その1

Aさんが出て行ってから少し眠った。眠りが浅いのか、Iさんが出て行く前に目が覚めた。まだ暗い中、1人で彼を見送った。彼はこれからカイロへ飛ぶのだ。彼とはハマムへ行ったり、オリエント・ユースに行ったりしたなあ。

彼が発ってからもう一眠りして07:30頃に起きた。今日は早めに「お父さん」とその彼女Oさんと共に、シリアのビザを取りに行くのだ。宿のあるスルタン・アフメット地区から、バスの出るエミノニュまでは結構な距離がある。トラム沿いに歩いて行くのが近いのだけど、カップル+私という状況がちょっと居心地悪かった。

日本領事館では意外とあっさりとヨルダンのレターを出していた。ヨルダンは危険度2なのに。中東状勢はおさまりつつあるのかもしれない。

それからシリア領事館へ向かった。写真2枚、申請書2枚、パスポート、760万TL(約26$)が必要だ。質問欄には「宗教」なんてのもある。もし「信じてない」なんて書くと、どう受け取られるんだろうか。パレスチナへ行ったことがあるか、なんて質問もある。それらを提出すると、その日の14:30に出してくれる。

お父さん達と別れてシンガポール航空のオフィスへ行った。帰国のフライトを変更しようと思ったのだけど、都合のいい日は満席で、結局あきらめ、2週間以内でシリアを周ることにした。

それでもビザが出る14:30まではかなり時間がある。とりあえず昼ごはんでも食べようとイスティクラール通りへ向かったんだけど、ラマダンだからか時間が時間だからかロカンタには全然人がいない。これでは入りづらい。ごはんも食べぬまま、時間潰しに映画館に入ってみることにした。

「RONIN」というデ・ニーロとジャン・レノが出ている映画にした。学生なら100万TLだった。2階に上がるとロビーになっていて、構造は日本の映画館とほぼ同じだ。売店もあるけど、パンフレットは見なかった。

上映室に入るとライトを持ったおじさんがいて、チケットを渡すとライトで席を照らしてくれる。どうも好きなとこには座れないようだ。
映画はCMも予告編もなしに始まった。英語+トルコ語字幕だから、入り組んでそうなストーリーがさっぱりわからない。プジョー406やアウディS8(それともA8?)のカーチェイス・シーンを楽しむだけだ。
50分も上映された頃、突然映画が途切れて、灯りがついた。どうやらフィルム交換らしい。10分ほどで再開された。途中、映画の中でフィギュア・スケーターが氷の上を舞うシーンがあり、ラフマニノフの「パガニーニの主題による狂詩曲」が使われていた。音楽のあまりの美しさ、憂いや悲しみや、それをふまえての優しさ、聴いていて涙が目に浮かんだ。

トルコの人達はエンド・クレジットが流れ始めると、たちまち出て行き、クレジットも途中でブチッと切られた。途中で立つのはまだしも、クレジット自体を止めるとは驚いた。

(つづく)

 

1998年12月のある日

地下宮殿へ

Kさんが03:30頃に出発するというので02:00頃まで起きていたのだけど、知らぬ間に寝落ちしていた。だけど、どういうわけか03:20頃に目覚め、車のエンジン音を聞いて急いで下りていくと間に合い、結局、Eさんと2人でKさんを見送った。Kさんはもう明日には日本に着いているというのがうらやましい。部屋へ戻ると何もなくなったベッドが残り、ものさびしい。少し悲しくなる。

その後、再び眠った。今日は多くの人が出て行く。見送らなかったけど、11:00頃にはNちゃんが出て行った。午前中(と言ってもほとんど昼)はシリアの「歩き方」をコピーし、旅行代理店でアレッポ行バスの料金等を調べて過ごした。

昼からはしばらくコピーを見ながらアラビア数字を覚えたりした後、ちょっとした観光に出た。地下宮殿へ向かった。途中、ブルーモスクの前あたりで帰って来る「3人娘」と出会う。すれ違ってから「Enjoy」と声をかけられた。

地下宮殿

地下宮殿は入口は小さいけど、中はかなり広い。コリント式の列柱が並び、池になっている。

列柱がそう見えるから宮殿と呼ばれるけど、古い地下貯水池で、昔は柱の上端だけが水面に顔を出していたという。雰囲気のあるところだ。

それからトプカプ宮殿横の公園「ギュルハネ公園」を散歩した。木立ちが多く、ちょっとした遊園地や小さな動物園もある。葉の落ちた枝の間から黄色い陽差しを浴びたトプカプ宮殿の建物が見えて、なかなかきれいだ。公園を抜けると海に出る。

帰りに何枚か絵葉書を買って帰り、1階のラウンジでハガキを書いて過ごした。年賀状だ。そして夜はいつも通り中華料理屋に行き、晩はワインと豆、ヒマワリの種で宴会だ。帰りにブルーモスク横の公園へ行くと、木には電飾がつき、夜店がたくさん出て、綿菓子を買ったりしてトルコの人達が楽しんでいた。

Iさんは明日06:30には出るから、一緒に飲むのも最後だ。そして深夜には3人娘の1人、Aさんが出て行くのでそれを待ちつつ、だべりながら夜は更けていった。そして日付け変わって03:00頃に彼女は出て行った。きれいな服に着替えて。車が走り出してからやっと「お父さん」も飛び出して来て、動き始めた車の中の彼女と握手していた。

 

1998年12月のある日

イスティクラール通り

今日も特にすることはなく、朝食後のんびりと、まずお金をおろしに行き(シティバンクの口座を作ったのでトルコのATMでお金をおろせる)、それから写真を撮って、昨日、Iさんに教わった代理店へ学生証を作りに行った。シリアではこれが効くらしいのだ。通常料金の1/20になるらしい。30$(900万TL)かかるけど、つくらない手はない。店ではパスポートを見せる必要もなく、名前と生年月日と大学名だけ聞かれ、代金を渡すと、14:00に取り来いと言うだけのあっさりしたものだった。

それが終わって一度宿に戻ろうかなどと考えていると、もう12:00だ。アンカラで時間潰しに困っていたのがウソのようだ。トラム沿いを歩いてるとSさんの姿を見かけたので声をかけ、一緒に鯖サンドを食べに行くことにした。今日は珍しく昼頃まで晴れ、鯖サンド売りの写真も撮ることができた。

鯖サンド売り

それからSさんと別れ、まず$をつくる。ATMで2回に分けて8000万TLをおろす。32000円なのだけど、さすがに恐ろしい桁数だ。それをシルケジ駅前のエクスチェンジ・オフィスで$に替えた。トルコではなかなか重みのある多くの500万TL札が、たった3枚の100$札に替わってしまった。

鯖サンドはガラタ橋たもとの船の上で売っている

今日の仕事はこれで終わり。あとはガラタ橋周辺で写真を撮ったり、イスティクラール通りをぶらついたりする。イスティクラール通りは京都でいうなら四条河原町周辺といったとこだろうか。多くのブティック、本屋、CD屋が並び、休日なこともあってにぎやかだ。

イスティクラール通り

歩いているとCD屋からきれいな女性ヴォーカルが流れてきた。店の外にまで響き、思わず引き返して店員にその女性ヴォーカルの名を聞いてメモした。

イスティクラールは通りの表もにぎやかだが、路地に入るとにぎやなバザールのようなところもあって楽しい。ただぶらついているだけでも。帰りにはイスティクラールの一番入り口(旧市街側)のあたりにある楽器屋で冷やかしでチェロを見たりして、旧市街へ戻った。

ガラタ橋の新市街側だったかな、魚屋もあった

代理店へ学生証を取りに行くと、14:00に来いと言ってたのに、その場でつくりだした。学生証も手に入れたことだし、後の問題はシリア・ビザだけだ。ツーリスト・インフォメーションで聞くとやはりシリア領事館は土日は休みらしいので、月曜即日発給を願うばかりだ。少しでもシリアでゆっくりしたい。トルコも1ヶ月かけてまわったし、イスタンブルでものんびりしてるから、あまり急ぎの旅はしたくないのだ。

ガラタ橋ではたくさんの人が釣り糸を垂れている

18:30頃、Iさん Uさん、Sさん、そして今日来たTさん、Sさんと今日も中華料理屋へ行く。帰り道、安いビールを買って戻る途中、花火が鳴り出した。ブルーモスクの近くで打ち上げているらしい。ラマダンが始まるのだ。イスタンブルではあまりちゃんとやらなそうだけど、それでもブルーモスクの広場では木に飾りつけをしたり、食事を配給するテントが立ったりしている。イスラム教徒でない自分の食事がどうなるのか気になりはするけど、明日から街がどんな風になるのか楽しみだ。

花火を背景にしたモスクを見ようと急いだけど、間に合わなかった。トルコ人に頼んでSさんとIさんと私の3人で写真を撮ってもらって帰って来た。

夜のブルー・モスク

夜は例によって宴会だ。外国の話、そしていつしかガンダムの話に移って行った。隣室ではギターの弾き語りが続いている。

 

1998年12月のある日

シリアのビザを取る準備

今朝は宿1階のラウンジで、アメリカによるイラク空爆のニュースを見ながら朝ごはんを食べた。

それから再び日本領事館へ向かう。ギリシアへ行くつもりでイスタンブルまで戻って来たのだけど、いろんな場所でシリアを始め中東はいいという話を聞くうちに、そっちへの気持ちが募って来た。Nさんにバスのナンバー(52)を聞いて、少々焦りながらエミノニュへ向かった。エミノニュで焦りつつ30分程待つと、やっと52番のバスがやって来た。

バスを降りて足早に小雨降る中をスイス・ホテルへ急ぐ。領事館は午前の部は12:30までだけど、どうにか12:00少し前に着いた。窓口でシリア・ビザを取るためレターが欲しい旨伝えると、窓口のおばさんは「昨日アメリカがイラクを爆撃したの知ってます?」と言って奥へ引っ込み、それっきり15分ばかり出て来なくなった。「おいおい、シリア行けないんじゃないの?(レター出してもらえなくて)」と不安になりながら待つ。

その間プライベート・レターの方をチェックすると、ギリシアのガイド・ブックが来ていた。バッド・タイミングというかグッド・タイミングというか、しばらくその中に入ってた手紙を読みつつ待っていると、やっと今度は別のスタッフが出て来た。「やはりダメか。行くなと説得されるのか」と思ったけど、スタッフの対応は穏やかなものだった。「シリアの危険度は1だけど滞在中は情報に気をつけ、大使館へもいつでも連絡を取れるようにしておいてください」と丁寧に言われ、その後、5分ほどでレターは出た。その場で出してくれるとはありがたい。だけどシリア領事館は9:30-11:00なので、今日はそのまま宿へ戻った。月曜まで領事館はクローズだから、2日間のロスとなった。

昼ごはんをクッキーで済ませてから銀行めぐりに出かけた。手持ちの$が少ないから、少しリラを$に替えようと思ったのだけど、銀行ではことごとく断わられた。そりゃそうだ、インフレが進み、どんどん価値の落ちていくリラを$に替えてくれるはずはない。何軒目かの銀行で英語を話す親切な銀行員がエクスチェンジ・オフィスで替えろと教えてくれた。$を買うと高くつくけど、とりあえず明日300$を用意することにする。

宿に帰ってから何をしていたか覚えていない。恐らくシリアのガイド・ブックを読み、残り日数を何度も数え、限られた日数でどこをどう回ろうかと悩んでいたんだろう。

夕食はまた皆で中華に行き、夜はオリエント・ユースへまたもやベリーを見に行った。今日は生バンド付きで、この前とは違う人だ。踊りはうまいんだけど、どういうわけかこの日の店の盛り上がりは今ひとつだった。

宿に帰ってからは飲み足りないUさん、Tさん、Iさん、Sさんと、それからUさんの知り合いの明るい韓国人女性とで遅くまで飲み、楽しく話した。

 

1998年12月のある日

1995年のこの日

1995年のこの日の早朝は、京都市内にいた。

体が地震の初期微動を感じたのか目が覚め、「地震か。どうせ大したことないやろ」と布団の中でまだぼんやりした頭で思っていたら、どんどん揺れが大きくなって行く。こんなに強い地震は生まれて初めてだ。しかも、なかなか揺れが止まらない。(実際どうだったのかわからないけど、めちゃくちゃ長く感じられた)

「これはやばい。普通じゃない。死んでしまうのか?」とは思うんだけど、動けない。早く終われと願うだけ。死の恐怖を感じたのか、胃の辺りがズンと重くなる感じがした。

京都市内ですら、こうだった。

揺れはすっかりおさまってから、今となっては信じられないけど、若さゆえなのか、二度寝した。

で、起きてテレビをつけたら、あちこち燃えているし、高速道路は横倒しだし、死者数はどんどん増えるし…と、テレビを見ながら心がシンと冷えて行ったのを覚えている。

幸い自分も家族も友人も無事だったんだけど、毎年、このことは思い出さないといけないと思っている。

 

www2.nhk.or.jp